アパート経営を失敗を防いでプラスにする極意

定期的な点検と修繕

間取り

日常的に通うことが必要

マンション管理を自分で行って経営を行うことを決めた場合には日常的にマンションに通うことが必要になります。マンションの状態を維持していくためには修繕を行うことが不可欠だからであり、その時期がいつ来るのかを自分の目で見て判断しなければならないからです。マンション管理における基本は物件の維持であり、修繕の時期を正確に把握することは必須でしょう。およそ一ヶ月に一度は点検のために通うことになります。点検内容としてまずは建物の劣化に関する要素を確認することが必要です。外壁や屋根を目視で確認して、亀裂が入ったり塗装が剥げたりしていないかを確認し、白い汚れが発生していないかもよく見ておきましょう。違いがわかるように写真撮影をしておくと次の点検のときに比較しやすくなります。次に安全面の確認を行うのがマンション管理で重要な点であり、周囲を一周回ってみて危険な場所ができていないかを確認しましょう。マンションの敷地内で危険が発見された場合には自分の落ち度によるものであれば速やかに改善を行い、住人によるものであれば該当する人に改善を求めることになります。もし隣人や工事の影響によって危険がもたらされているのであれば対策を行うように求めるのが大切です。そして、共用になっている設備についての点検を行い、全てが正しく動作しているかを確認して日常的なマンション管理は終わりです。修繕が必要な場所が見つかった場合にはその場で行うか、業者に依頼すれば解決します。