アパート経営を失敗を防いでプラスにする極意

賃貸物件

ローンを組んで行う投資

マンション経営は高額投資であるものの、ローンを組んで行うことから頭金と諸費用しか現金が必要ありません。経営による大きな利益を使えば管理や修繕などの費用を工面できるため、初期投資以外には現金があまり出ていかないのが特徴です。

兼業大家が注意する事

男性

税金を計算しておく事

兼業でアパート経営する人で一番多いのはサラリーマンとの兼業です。サラリーマンとの兼業の場合はサラリーマンとして得る給与だけで生活できる事が多いので、ローンで購入した場合はローンの返済が終わるまで家賃収入をローンの支払いに回してしまって問題ない事もあります。家賃収入をローンの支払いに回していたとしても家賃収入で収入の総額が増える分それまでより多くの税金の支払いが必要になります。その為本業の収入があるからといって家賃収入を全てローンの支払いにあてる計画を立ててしまうと税金の増額分を支払えなくなったり、空室が少し増えるだけでローンの支払いが期日通りに行えなくなるリスクがあります。アパート経営で失敗しない為には余裕のある計画を立てた方が良いと言えます。アパート経営をする時の管理業務は管理会社に委託する事ができますが、だからといって法律上の知識などをまったく知らないまま始めるのは失敗の原因になります。アパート経営に失敗しない為にも最低限の知識と管理会社との管理契約の内容はしっかり把握するべきです。さらに購入するアパートも少しでも物件の質や立地の割に安い物件を購入できれば利益が大きくなり、アパート経営に失敗するリスクが大きく軽減できます。物件選びはアパート経営において重要な事なので、何となく決めてしまうのは良くないです。物件選びは自分で情報を集めて他人まかせにせず、最終的には自分で判断する事が大切です。

ウーマン

他にはない特徴がある

みんなで大家さんは常に利回り6%以上を維持するという独特の特徴を持っています。これは他の投資方法にはないものです。みんなが大家さんの運用モデルは法律的にも健全ですし、運用期間は3年と短いので、非常におすすめです。

間取り

定期的な点検と修繕

マンション管理を自分で行う場合には定期的に通って点検を行うことになります。修繕を見越して外壁や屋根の劣化を確認し、安全面の確認を行って適宜改善を求め、最後に共用設備の点検をして必要な修繕を行うのが流れです。